ロミロミ留学する上で知っておきたい3つの選択肢

+Hawaii Facebook

本場ハワイでロミロミマッサージを学ぶことができるロミノハワイマッサージスクール。ハワイ州公認のマッサージスクールでワイキキのど真ん中にあり立地もよい。

同スクールは、定期的に日本で「ロミロミ留学する上で知っておきたい3つの選択肢」セミナーを実施している。そこで、どんな内容なのか12月10日、渋谷で行われたセミナーへ取材に行ってきた。

 

日本在住スタッフの相澤さとこさん
日本在住スタッフの相澤さとこさん

当日は午前と午後の二回セミナーがあったんだけど、取材したのは午前の回。定員は4名限定の少人数制となっている。

セミナーの講師は、日本在住スタッフの相澤さとこさん。彼女からまず、参加した皆さんに何故ロミロミ留学を検討しているのか質問があった。

Aさんはセラピストとして現在サロンに勤務しているが、ロミロミマッサージをあらたに施術に加えたい意向。そして、ハワイで働くか或いは帰国して自分でサロンを開くことも視野にいれている。

Bさんは飲食業。ハワイへの留学を考えている。英語力をつける語学留学にするか、技術を習得できるロミロミ留学をするかを検討中。できれば現地でインターンなどしながらの留学を希望している。

そしてこの日名古屋から来たCさん親子は、現在高校2年生のお嬢さんが高校卒業後にハワイへ行きロミロミマッサージの施術を習得し、その後ハワイのサロンに勤めることを考えているが、帰国して日本のサロンで働くこともある。

セミナーに出席した人たちは職業やバックグラウンドはさまざまだけど、ハワイでのロミロミ留学を現実的に考えていて、今日のセミナーに臨んでいる。まさに真剣そのもの。

 

参加者は真剣そのもの
参加者は真剣そのもの

続いて、相澤さんから次の項目について順次説明がなされた。

  • ロミロミ留学の期間とビザの種類
  • 収入を得ながらロミロミ留学する方法
  • 留学体験談紹介
  • 日本でのロミロミ需要、ハワイでのロミロミ需要
  • 学校説明

ロミノハワイマッサージスクールの一番の特徴は、現役の日本人セラピストから日本語で学科や実技を学ぶことができること。質問や疑問点もすべて日本語でできるし、回答も日本語だから安心だ。

そして留学するにあたり、やはり一番大事なのはビザ。ビザは留学の期間や内容によって違ってくるので、自分がどのようなプログラムで留学をするかしっかり検討しておく必要がありそうだ。

受講料をはじめ滞在費など全体費用についても説明があり、住居の形態によっていろいろ変わってくるのがわかる。そして、日本出発前にあらかじめ費用を貯めてハワイではスクールでの受講に集中してライセンスを取得する場合と、収入を得ながらロミロミ留学する方法など選択肢があるとのこと。

 

後半は和やかな雰囲気も
後半は和やかな雰囲気も

ビザの取得が必要となるが、ライセンス取得後はハワイで州公認のセラピストとして働くことがでる。そして驚いたことに、セラピストはハワイでは弁護士に続く高収入職業の第二位で、三位が不動産従事者とのことで今後も需要が期待できるそうだ。

 

全体セミナー後の個別面談で疑問点も詳しく確認
全体セミナー後の個別面談で疑問点も詳しく確認

全体の説明は1時間超ぐらいで終了。その後は個別面談となる。個別面談ではでさらに詳しい説明や参加者の疑問点や質問に答え、相談にのってくれる。さらに時間が足りなければ別途日をあらためての個別相談もできるそうです。

ロミノハワイマッサージスクールでは、このセミナーをほぼ毎月、定期的に実施しているので、ロミロミ留学に興味がある人はぜひ参加するといい。次回のセミナーは1月15日(水)。

セミナー詳細と申込みはこちらから

 

 

shortlink