タグ別アーカイブ: 自然

ヒルトン ワイコロア ビレッジがプラスチックストローの使用を中止

+Hawaii Facebook
写真提供:ヴァリューワールド
写真提供:ヴァリューワールド

ヒルトン ワイコロア ビレッジが今年1月31日を最後にホテル内でプラスチックストローの使用をやめたとのこと。

これは環境問題を考えた行動で、プレスチックのストローはハワイで魚やカメなど海の生物に悪影響をあたえるごみのトップ10に入る。ちなみに同ホテルは昨年80万本以上のプラスチックストローを使用していたとのこと。代替品は堆肥化可能な紙質のものになるらしい。

尚、偶然にも1月31日はハワイでのプラスチックストローの販売と流通を禁止する法案が農業環境委員会を通過した日でもあった。

shortlink

ハワイ島でも発泡スチロール容器の使用が禁止に

+Hawaii Facebook
プレートランチの容器
プレートランチの容器

プレートランチなどで使われている発泡スチロール製の容器の使用が、2019年7月1日よりハワイ島で禁止となるらしい。

マウイ島ではすでに2018年12月31日より発泡スチロール製の容器の使用が禁止になることが決まっている。

レジ袋と同様、この流れはいずれオアフ島にもやってくると思う。

 

shortlink

生きていたope’ape’a

+Hawaii Facebook
Hawaiian hoary bat (ope'ape'a), photo JACK JEFFREY, photo JACK JEFFREY
Hawaiian hoary bat (ope’ape’a), photo JACK JEFFREY

ハワイ固有のコウモリで絶滅が危惧されていた「Hawaiian hoary bat」、ハワイ名ope’ape’aが生存していることが確認されたらしい。

ope’ape’aの生息が確認されたのはカホオラウェ島。

カホオラウェ島は、マウイ島の南西に位置するハワイ諸島の主要8島の内いちばん小さな島。太平洋戦争後は米軍の爆撃演習場などとなり、1993年にハワイ州政府に変換されて現在は無人島となっている。

リンク先の記事によれば、カホオラウェ島保存委員会(Kaho’olawe Island Reserve Commission)は2016年4月に島内8か所に超音波探知機を設置し数年間にわたり観察を続け、その生存を確認したらしい。。

ここのところハワイのニュースといえば、大型プロジェクトの建設などの開発ニュースが多かったけど、こういったネイチャーなニュースは何かホッとさせられるよね。

shortlink

マウイが発泡スチロール容器を禁止!

+Hawaii Facebook
プレートランチの容器
プレートランチの容器

ハワイでプレートランチなどによく使われている発泡スチロールの容器の使用を禁止することを決めた法案がマウイ島群で成立し、2018年12月31日に施行される。

これにより、発泡スチロール製の容器にかわり再生可能な材質を使った容器を使用することが義務付けられ、違反した業者は1日につき1000ドルの罰金が科せられるらしい。

もちろんこれは環境を考慮したもので、ビニールのレジ袋の禁止や再生エネルギーなど環境問題に積極的に取り組むハワイ州の姿勢がみれる。

さらにトランプ大統領が「パリ協定」離脱を決めた直後、デービッド・イゲ知事は「パリ協定」履行の州法に署名し、ハワイ州独自で協定に沿って対策を進めることを定めた州法を制定した。

やるよね~

shortlink